back namber

2017年(平成29年)10月
戻る
2017年10月1日(日)・2648号
2018年10月4日〜6日展示会開催
各部会等、組織体制決まる
愛知県管工機材商協組9月理事会開催
愛知県管工機材商業協同組合(理事長=大藪淳一氏・大清社長)は9月5日、名古屋市中村区のウインクあいちで9月理事会を開催した。本理事会では、各部会への所属理事など組織体制が確認されたほか、『第32回管工機材・設備総合展』の準備進捗状況、全国管工機材商業連合会(以下、管機連)関連の報告などが行われた。
大藪理事長
 本理事会での審議内容は以下の通りだ。
 【経過報告】●8月1日▽大藪理事長ほか4名が、東京管工機材商業協同組合主催『第49回管工機材・設備総合展』(東京ビッグサイト)開場式に参加および展示会を参観。●同8日▽三役・常任理事会を開催。
 【議案1/平成29年度委員会・部会・幹事会・青年部所属の件】今期より相談役を除く全組合員が、展示会実行委員会または各部会・幹事会に所属することが決定した。この場で各部会・幹事会の構成メンバーが審議され、これらが満場一致で可決された。幹事会の構成メンバーは以下の通りだ。※各部会構成メンバー記載省略。●幹事長▽北村憲正理事(龍玉精工社長)●副幹事長▽竹内裕二理事(丸金商会社長)●幹事▽川島健一理事(川島商事社長)、在田忠之理事(在田商店社長)、近藤尚文理事(油傳商店社長)、黒宮誠一理事(クロミヤ商店社長)。
 【議案2/第32回管工機材・設備総合展準備進捗状況の件】●同展示会の開催期間が平成30年10月4日(木)〜同6日(土)までに決定。名古屋市千種区の吹上ホールにて。●9月21日▽第1回部長会開催。●10月20日(金)▽第1回展示会実行委員会(発足会)開催予定。
 【議案3/管機連および他地区管工機材展の件】●9月6日▽ホテル日航大阪での管機連会合に、同組合から大藪管機連副会長(組合理事長)、伊藤辰之管機連理事(組合相談役・イトウ社長)、阪尾知治事務局長、愛知青年部「愛青会」から長谷川尚部長(加藤商会)、倉橋茂己副部長(明興)、福元良貴部員(山信)が参加。同会合で理事会、意見交換会、管工機材の将来を考える研究会を開催。●同7日▽大阪管工機材商業協同組合主催『第18回管工機材・設備総合展』(インテックス大阪)開場式に、前述の6名のほか同組合から峰澤彰宏副理事長(峰澤鋼機社長)、小川誉之副理事長(小川管商社長)、成田幸隆展示会実行委員長(大成工機商会社長)が参加。●同8日・9日▽村井善幸副理事長(オータケ社長)、坪井研二展示会副実行委員長(ツボイ常務)が展示会参観。
 【議案4/各部会報告】●流通部会・事業部会▽11月7日(火)、二部会合同で造船所見学会(三重県津市方面)、メンタルトレーニングセミナーならびに懇親会を開催予定。セミナーの講師は、前近畿大学陸上競技部駅伝監督で現在はBESTSの社長を務める佐藤浩氏に依頼済み。●広報部会▽組合だより140号を発行するほか、2018年度版組合員名簿を発行。組合員名簿の広告協賛についてこの場で話し合われた。●福利厚生部会▽第37回ボウリング大会を11月11日(土)午前10時から星ヶ丘ボウルで開催。理事会終了後、参加者募集を開始する。※経営研究部会、組合加入促進部会記載省略。
 【議案5/幹事会報告】第49回名管会の開催が決定。9月5日現在、組合員・賛助会員合わせて48名からの参加申し込みが寄せられている。
 【議案6/青年部「愛青会」報告】8月8日、平成29年度第一回例会を開催。全部員13名が出席した。また、前述通り大阪での管機連会合に3名が参加。
 以上が、本理事会で審議・報告された議案である。次回、同組合理事会は11月6日(月)の開催が予定されている。

11月2日に第72回ゴルフ会
新年賀詞交歓会は1月24日
岐阜県管工機材商組合 9月度理事会を開催

 岐阜県管工機材商組合(理事長=廣瀬功氏・瓶由社長)は、9月5日午後5時より岐阜市長良川河畔の岐阜グランドホテルにて理事会を開いた。
 廣瀬理事長の挨拶に続いて、代表者交代により今回から参加の竹原健一山彦社長が挨拶した後、議事に入った。
 全員例会の件は、開催日を10月30日とし、午後5時より理事会、同6時より全員例会を行う。会場は岐阜グランドホテル。講師については、担当の奥村副理事長(安田本店長)に一任された。
 第72回ゴルフ会は、今年10月に日本オープンが開かれる「岐阜関カントリー倶楽部東コース」で11月2日に開催する。担当の山田理事(山兼社長)よりスタート午前8時4分、集合は同7時30分と説明があり、賞品を若干グレードアップすることも確認した。廣瀬理事長が「組合員の参加が少ないため、賛助会員(メーカー)だけの組もできてしまうことがあります。組合員と賛助会員の親睦を図ることが目的なので、少しでも多くの組合員に参加してほしい」と呼びかけた。
 その他、忘年会については、12月6日に新年賀詞交歓会の打ち合わせを兼ねて、木曜会の幹部2名を交え午後6時より行う予定(会場未定)。新年賀詞交歓会は、平成30年1月24日に岐阜グランドホテルにて開催する。司会を塚原理事(協栄商事社長)が務める。メーカー代表挨拶を選定し近々に依頼する。
 懸案となっている表彰制度については、理事長より、来年5月の総会での表彰に向けて、木曜会で活動しているメンバーで功績のあった人を表彰してはどうかと提案があり、これを承認した。
 また、東京管工機材商業協同組合の設立70周年記念式典(11月8日開催)への出席要請に対しては、今後検討していくこととした。

総受注高4か月連続で前年上回る
国内受注は4か月ぶりに減少
中部経産局 7月度金属工作機械受注状況

 中部経済産業局が8月31日に発表した平成29年7月度金属工作機械受注状況によると、管内金属工作機械メーカー主要8社(オークマ、アマダマシンツール、ジェイテクト、コマツNTC、富士機械製造、豊和工業、三菱電機名古屋製作所、ヤマザキマザック)の総受注高は、前年同月比16・1%増の407億7200万円となり、4か月連続で前年を上回った。前月比は9・6%減だった。
 国内受注は、前年同月比8・7%減の139億1700万円となり、4か月ぶりに前年を下回った。前月比は8・4%減だった。主力の自動車工業向けは前年同月比5・5%増の44億400万円と7か月連続で前年を上回ったものの、一般機械工業向けが同25・9%減の65億1900万円と4か月ぶりに前年を下回った。
 海外受注は、前年同月比35・1%増の268億5500万円となり、2か月連続で前年を上回った。前月比は10・2%減だった。北米向けが前年同月比30・3%増と2か月連続で前年を上回り、ヨーロッパ向けが同45・5%増、アジア向けも同22・8%増とともに4か月連続で前年を上回った。
 シェアは、アジア(トルコを含む)向け33・7%、北米向け30・3%、ヨーロッパ向け29・2%となっている。
 国別にみると、1位のアメリカが69億9300万円(前年同月比40・1%増)、以下、中国48億2500万円(同38・0%増)、イタリア17億6600万円(同70・8%増)、ドイツ17億3700万円(同16・1%増)、ポーランド12億8200万円(同421・1%増)の順となった。
 販売額は、前年同月比2・2%増の292億700万円となり、4か月連続で前年を上回った。前月比は8・4%減だった。
 受注残高は、前年同月比10・1%増の1808億5900万円となり、4か月連続で前年を上回った。前月比は8・2%増だった。

中部経産局9月公表 最近の管内総合経済動向
「改善している」3か月連続
設備投資は「増加している」

 中部経済産業局は、9月12日公表の「最近の管内総合経済動向」で、管内(愛知、岐阜、三重、富山、石川の5県)の経済活動についての総括判断を、3か月連続して「改善している」とした。※比較は、断りのあるものを除き、平成29年7月の実績値による。
 個別の項目では、生産の判断を2か月連続して「増加の動きがみられる」とした。鉱工業生産の指数(7月速報)は、電子部品・デバイス工業、化学工業、石油・石炭製品工業などが上昇したことから、前月比2・8%増と2か月連続で上昇。主要業種の輸送機械は、乗用車が海外向けに堅調、また自動車部品が海外向けに増加し、同0・1%増となった。電子部品・デバイスは、スマートフォン向けを中心に一部で増加の動きがみられ、同18・0%増となった。
 個人消費については、4か月連続して「緩やかに持ち直している」と判断した。管内商業動態統計(販売額)は、前年同月比1・8%増と5か月連続で前年を上回った。コンビニエンスストアは、カウンター商材、中食が引き続き好調で、同2・9%増。家電大型専門店は、季節空調、白物家電等が好調で、同9・7%増となった。一方、百貨店は、改装による動きがみられたものの、売り場面積の減少やセール前倒しの影響に加え、衣料品が振るわず、同4・4%減。スーパーも、衣料品の不振が継続していることに加え、飲食料品も振るわず、同0・3%減となった。乗用車販売は、軽自動車が4か月連続で前年を上回ったものの、普通車が6か月ぶりに、小型車が9か月ぶりに前年を下回り、全体でも13か月ぶりに前年を下回った(乗用車新車新規登録・届出台数…前年同月比0・1%減)。
 設備投資は、3か月連続して「増加している」と判断。製造業では生産用機械、窯業・土石製品などで増加する計画、非製造業では運輸、卸売などで増加する計画となっている。管内主要8社の金属工作機械受注(国内向け)は、自動車工業向けが7か月連続で前年を上回ったものの、一般機械工業向けが4か月ぶりに前年を下回り、全体でも4か月ぶりに前年を下回った。
 そのほか、公共投資については「持ち直している」、住宅投資は「緩やかに持ち直している」、輸出は「持ち直している」、雇用は「労働需給が引き締まっている」と引き続き判断した。
 企業倒産(件数)は、「サービス業他」「製造業」などで前年を下回ったものの、「小売業」「運輸業」などで前年を上回り、全体では2か月ぶりに前年を上回った。
 先行きについては、世界経済の下振れ、各国政策の不確実性の高まり、為替の動向、中小企業の経営環境の悪化などに注視が必要とし、各種政策の効果が生産や投資、所得の増加につながることが期待されるとしている。

今年もBBQで暑気払い
名機工同友会 ビアパーティー開催

 名機工同友会(会長=吉野栄一氏・吉野機械工具社長)は8月21日(月)午後7時30分から、名古屋市中区大須にあるガーデンキッチン・フラリエ(旧ランの館)で、毎年恒例となっているビアパーティー(8月例会)を開催した。幹事は野崎憲昭総務幹事(常磐精機社長)が務めた。
 バーベキュースタイルで人気の同会場で3つのテーブルに分かれた会員らは、各々が食材を焼きながらビールなどを2時間ほど楽しみ、宴もたけなわとなったところで、最後は吉野会長による中締めの挨拶と一本締めで散会した。

量産部品加工用立形マシニングセンタ
「i30V」を販売開始
DMG森精機 全軸でクラス最速の早送り速度

 DMG森精機(社長=森雅彦氏、本社=名古屋市中村区名駅2―35―16)は、立形マシニングセンタMAX3000の後継機種となる「i30V」の販売を9月1日より開始した。
 「i30V」は、量産部品加工用に優れた能力を発揮する主軸30番テーパの立形マシニングセンタMAX3000を改良したもので、ユーザーから要望が多かった主軸40番テーパを標準装備し、オプションで30番テーパも搭載できるようにした。クラス最高の早送り速度やオーバハングがなく高剛性で姿勢変化の少ない構造など、高速性と高剛性を兼ね備え、アルミの高速加工から鋼材の重切削加工まで幅広く対応する。価格は1600万円(税抜)。
 【i30Vの主な特長】
 @省スペース…量産ラインを考慮し、機械幅は1558o、所要床面積は約5・1uと省スペースな設計▽自動車などの小物部品加工に適した幅600o×奥行き300oのコンパクトなテーブルサイズ
 A高速性…全軸でクラス最速の早送り速度62m/minを実現▽クラス最速のパレット交換時間2・0秒を実現した高速2面APCを標準装備
 B高剛性…FEM解析による、軽量かつ剛性の高いボディを実現▽荷重に対する弾性変形量が小さいローラガイドを採用▽スライドユニットの中に多くのローラを組み込み、高剛性を実現▽コンパクトな機械サイズながらも40番主軸の加工に対応する高剛性構造
 C高精度…コラムをはじめとする移動体の重心とガイド間の距離を最小化することで前後方向の姿勢変化を抑制▽ローラガイドを採用することで、繰り返し位置決め精度が向上▽主軸モータや主軸回転の発熱による熱分布を均等とすることで主軸変位を抑制▽]軸方向にシンメトリックな構造で、熱変位による位置ずれを抑制
 D信頼性…アームレス方式を採用し、部品点数を削減したシンプルな構造のATC▽]/Y/Z軸の駆動部分を全て加工エリア上部に配置し、カバーで隔離する設計により、量産加工で問題となる切りくずやクーラントの影響を受け難い構造を実現▽主軸ユニットを後部ベアリングまで含めたカートリッジ式にすることで、主軸の交換時間が早くなり、機械のダウンタイムを短縮
 E作業性/メンテナンス性…量産加工に最適なタッチパネル式の操作盤「COMPACTline」を搭載▽段取りステーション側に両開きスライドユニットドアを採用し、580oの広いドア開口幅を実現▽主軸やテーブルへの接近性を改善し、治具調整などの段取り替え作業の負荷を低減▽日常点検が必要な機器類を機械側面にまとめ、メンテナンス性を向上▽治具への油圧・空圧の供給は1パレットに最大9ポート(オプション)まで可能で、さまざまな治具の搭載が容易▽高速2面APCにより、1台で2種類のワーク加工や2工程の加工が可能なため、加工中のワーク着脱や治具の載せ替えが可能
 F自動化システム…多様化する生産課題を解決するさまざまな自動化システムを高品質、短納期で提供〔単体機仕様(ロボットシステム)、連結機仕様(ガントリローダシステム)〕▽機械本体だけでなく、搬送装置・周辺装置・生産管理システム、さらには加工技術・治具・工具・測定まで、自動化システムの導入に関する全てを同社が一括してサポートする「DMG MORIワンストップサービス」
45%の省電力を実現
『GREENmode』標準搭載へ
DMG森精機 全世界の生産機に順次搭載

 DMG森精機は9月4日、従来機比45%の省電力(買替え見込み機1997年同社製比)を実現する『GREENmode』標準搭載を開始したと発表した。
 @加工条件の向上による加工時間の最短化、A見える化、B無駄削除、C最新技術の搭載、の4つの視点から、機械ごとに、加工用途や機械特性を反映、最適化させたさまざまな機能が搭載される。なかでも、制御によって加工条件の向上、加工時間の最短化に貢献する機能が9機能と充実している点が最大の特長だ。同社は、消費電力の低減を通じてユーザーの生産効率の向上に寄与すると同時に、環境保護という観点から社会貢献を目指していくという。
 2013年より独自のヒューマン・マシン・インタフェース(Human Machine Interface)である『CELOS(セロス)』の販売を開始してから、同社は省エネルギー機能の研究にも力を入れてきた。納入実績15万台以上の同社では、工作機械1台あたり年間2650sのCO2を削減し、20年後にはトータル800万トン以上の削減効果を見込んでいる。工作機械の省エネは地球環境に大きな影響を与える。この新機能を全世界の生産機に『GREENmode』として順次搭載していき、さらに今後も本機能の拡充を進めていくことで、ユーザーの要望の一歩先を行く高品質なサービスに繋げていく考えだ。

シンプルなミニマルデザイン
次世代カーポート新発売
「LIXILカーポートSC」10月2日より

 住まいと暮らしの総合住生活企業であるLIXIL(社長=瀬戸欣哉氏、本社=東京都千代田区)は、カーポートに求められる住宅との調和≠ニいう価値を追求し、これまでにないシンプルなミニマルデザインで、さまざまな住宅スタイルに美しくなじむ次世代のカーポート「LIXILカーポートSC」を10月2日より全国で発売すると発表した。
 同商品は「カーポートは住まいの一部である」という考えのもと、機能性はそのままに構造を一から見直すことで、住宅と美しく調和するデザインを追求した新提案のカーポートだ。屋根と柱のみのシンプルな構成による直線基調のフォルムや屋根部全体にアルミを採用したことで40oという薄さを実現した屋根デザインは、モダンからナチュラル、和テイストまでさまざまな住宅スタイルに調和する。
 また、雨どいを屋根と柱に内蔵することで、機能性はそのままに見た目の凹凸をなくしたほか、ネジやボルトといったパーツを表から見えないよう配慮。コーナー部分のキャップも極小化するなど、細部にまで徹底的なノイズレスデザインにこだわっている。
 さらに、住宅の外観になじむよう質感にもこだわり、アルミ形材で構成されていながら金属光沢を抑えたマットな質感で落ち着きのある佇まいを演出している。屋根材と柱を異なるカラーで組み合わせることで単色のボリューム感が低減され、視覚的な軽さ≠ェ生まれるツートン・コーディネートも可能となっている。
 この商品に関する詳しい問い合わせは、同社お客さま相談センター▽フリーダイヤル(0120)126―001まで。

ベンチャー企業との協業で
新しい窓・ドアのカタチを提案
LIXIL セキュアルへ出資

 LIXILは8月29日、スマートセキュリティ製品の開発・製造・販売および運営サービスを提供するSecual(社長=青柳和洋氏、本社=東京都渋谷区、以下=セキュアル)に総額1億円の出資を行ったと発表した。今後は、セキュアルが有するIoT技術を活かした住宅用の商品を積極的に開発していくという。
 今回出資したセキュアルは、窓やドアからの侵入を検知すると手持ちのスマートフォンに即座に通知が届くスマートホームセキュリティサービス『Secual』などを開発し急成長を遂げたベンチャー企業だ。セキュアルの商品・サービスは住宅だけでなく、国立科学博物館など国内のさまざまな公共施設にも採用されており、高く評価されている。
 一方LIXILは、日本の窓やドアの高性能化を進める戦略を継続して展開しており、断熱性、デザイン性、採光性、眺望性、防犯性など開口部に求められるニーズを多面的に捉え、壁とほぼ同等の断熱性能を実現した『LEGARIS(レガリス)』など、業界全体をリードしていく商品開発を進めている。
 今回、LIXILがセキュアルに出資したことで両者の関係がより強固なものとなり、お互いの強みを活かした新商品の企画・開発を、スピードを上げて進めることが可能となった。その第一弾として次世代の窓≠コンセプトとした住宅向け窓、ならびに周辺機器の開発に着手していくという。

ウォシュレット一体形便器
新 「ネオレストAH/RH/DH」発売
TOTO 独自の機能がさらに進化

 TOTO(社長=喜多村円氏、本社=福岡県北九州市)は、「トルネード洗浄」と「フチなし形状」が進化したウォシュレット一体形便器、新「ネオレストAH/RH/DH」を8月1日発売した。
 新開発の新「トルネード洗浄」は、少ない水量で効率的に便器を洗う渦を巻くような水流はそのままに、吐水口位置を左奥から右手前に変更。汚物が付着しやすい便器後方に勢いよく水が当たるため、汚れをしっかり洗い流す。
 新「トルネード洗浄」の実現により便器フチの返し≠ェ不要になり、手前から奥までぐるりとフチの返し≠なくした新「フチなし形状」。汚れが見えにくかった死角がなくなり、便器のフチを握るようにサッと拭くだけで掃除ができる。
 また、好評な外観のデザイン基調はそのままに、隙間や凹凸を少なくした「ノイズレスデザイン」が進化。凹凸が少ないので、汚れやホコリがたまりにくく、掃除もしやすくなった。
 さらに、新開発の「エアインワンダーウェーブ洗浄」は、1秒間に約100個の水玉を連射するワンダーウェーブ洗浄の水玉に空気を含ませることで水の一粒一粒を約30%拡大し、当たり心地のたっぷり感が向上。ネオレストAH/RHの「おしり洗浄」に採用した。
 希望小売価格は、「ネオレストAHタイプ」と「ネオレストRHタイプ」が34万4000円〜(税抜)、「ネオレストDHタイプ」が27万9000円〜(税抜)。発売3年目に月1万3000台(3タイプ合計)の販売を見込む。
グローバル統一モデル
「ネオレストNX」新発売

 TOTOは、次世代トイレとして世界に発信する、グローバル統一モデル「ネオレストNX」を、8月1日の日本発売を皮切りに、中国、アジア・オセアニア、米州で順次発売する。
 ウォシュレット一体形便器ネオレストのフラッグシップモデルとして誕生した「ネオレストNX」は、同社が100年培ってきた製陶技術により、デザインと機能が融合した真の一体形≠実現したという。
 デザインの最大の特長は、陶器の美しさを最大限に引き出す、優美な曲線。360度どこから見ても美しい芸術品のような佇まいは、モダンからクラシックまで、さまざまな空間に調和するとしている。
 機能面では、新開発の新「トルネード洗浄」、新「フチなし形状」、「エアインワンダーウェーブ洗浄」をはじめ、「きれい除菌水」による自動除菌、便器をナノレベルで滑らかにする「セフィオンテクト」など、同社のフルスペックの機能で、清潔で快適なトイレを実現する。
 希望小売価格は57万円(税抜、日本国内での価格)。

受注・動員ともに目標を上回る
受注額は225億円を達成
ユアサ商事 中部グランドフェア2017

 ユアサ商事中部支社(支社長=藤岡正一氏)の販売店でつくる中部ユアサやまずみ会(会長=峰澤彰宏氏・峰澤鋼機社長)が主催し、今年で第39回目を迎えた『産業とくらしの中部グランドフェア2017』が9月1、2の両日、ポートメッセなごや第3展示館で開催された。主催社96社、出品メーカーは過去最多の368社に上り、各社の最新技術・製品を展示紹介した。2日間の動員目標1万2000名に対し初日が6073名、2日目が6133名、合計で1万2206名が来場。受注額も目標の218億円を超え225億円を達成し、成功裡に終了した。
 開催初日の午前9時10分から第3展示館内の特設会場で行われた開会式では、中部ユアサやまずみ会を代表して峰澤会長が「本日開催される中部グランドフェアは、今回で39回目を迎えます。本年はGrowing Together―ともに挑む。『ミライ』の産業とくらし≠フテーマのもと、主催企業96社、出品メーカー368社をもって、目標受注218億円、来場者数1万2000名を掲げる過去最大級の開催となりました。これも偏に、主催店の皆様と出品メーカー様のご協力、更にはユアサ商事様の力強い後援の賜物と、皆様に厚く御礼を申し上げます。最近の私たちを取り巻く状況は、近隣の国の動向、また毎日のように報道される日本国内、世界各地での自然災害―東京では毎日雨が降り、アメリカも大洪水、中国も大変な台風で大きな被害を受けていますが、このような政治、社会、自然といった要因が私たちの経済活動にも大きな影響を及ぼして来ます。一昔前のように、単に良いものならば売れるというのではなく、買って頂くために知恵や工夫が必要な時代となっていると感じています。このような環境のもと、中部グランドフェア2017では、従来からの主力商品に加えて、業界ごとに近未来を想像するテーマゾーンを設け、4つのテーマのもと、約100品目が展示されています。この中には、パワーアシストスーツ、空中ディスプレイなど現在産業界内外で注目されている各種アイテムを実際に体験して頂ける体験型展示がされており、『見て』、『触れて』、ご来場者様が『納得できる』提案を目指しています。また、本日午前11時から、人工知能分野のトップ研究者である中島秀之先生(東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 先端人工知能学教育寄附講座 特任教授)の人工知能が拓く『産業とくらし』≠フ講演会も計画されています。まさにこの展示会は、私たちにとって新しい時代へのビジネスチャンスの場になると考えています。どうか皆様には、このチャンスを成果に結びつけて頂けることを祈念いたします。後援を頂くユアサ商事様におかれては、昨年で創業350周年を経過されました。そして本年より就任された田村新社長のもと、益々のご発展を期待いたしますとともに、今後も私たち取引先に対して一層のご支援、ご協力を頂きますようにお願いを申し上げます。どうか皆様、2日間宜しくお願いいたします」と挨拶。
 続いて、協賛の中部ユアサ炭協会(仕入先メーカーで構成)を代表して、稲葉茂稲葉製作所副社長が挨拶に立ち「今回のテーマGrowing Together≠フ精神に基づいて、我々メーカー、また販売店様、そしてユアサ商事の皆様方が一丸となって、目標をなんとかこの2日間で達成したいと存じます。一生懸命頑張ってまいりたい」と述べた。
 田村博之ユアサ商事社長は「今回のグランドフェアは、中期経営計画発表後、初めての情報発信イベントです。会場中央に今年もテーマゾーンを設けています。今回のテーマに沿って、尚且つ、中期経営計画の中にある成長戦略の具現化を目指した提案とさせて頂きました。特に各ゾーンにおいては実演、そして体験型の展示を充実させています。皆様には是非ゆっくりとご覧頂き、そしてご活用頂きたいと思います。グランドフェアは皆様方に日頃お世話になっている本部、部隊以外の本部の商品が多数展示されます。他部門の商品も皆様方の売上高アップ、あるいは新規開拓に貢献できる商品がきっとあると信じています。会場をくまなくご覧頂いて、興味のある商品については当社の社員にお声掛けを頂きたいと存じます。色々な専門家の皆様の意見をよく見てみると、ばらつきがあります。詰まるところ、今の世界情勢、国内も含めて、非常に予想し難いというのが実態ではないかと判断しているところです。近々に世界で大きな変革の波が発生するであろうという部分に関しては、どうやら皆さん同じようなことを予想されているようです。当社はその変革を全方位で正確に遅滞なく捉え、迅速で的確な対応をしていく所存ですが、単にそのような状況に振り回されることなく、決めたことを1つ1つ実行し、掲げた目標を目指してまいりたいと考えています。このグランドフェアが主催社の皆様、出品社の皆様、そして当社グループの三者にとって、実りの大きいものになることを祈念いたします」と挨拶した。
 主催社の代表ら11名によるテープカットが行われ、グランドフェアは開幕した。
 今回の展示会では、工場、住環境、インフラ建築の分野に向けた、出展各社の最新鋭機器やロボット・IoT関連商品、環境・省エネ商品、防災・減災商品が一堂に展示された。
 会場中央に設置されたテーマゾーンでは、ロボットシステムの実演をはじめ、パワーアシストスーツ体験、近未来型住空間の提案として空中ディスプレイを搭載したキッチン体験、設備機器のIoT技術についての分かりやすい提案などが行われ、来場者の注目を集めた。また、地震の揺れを体験するコーナーもあり、幅広いレジリエンス商品を提案。最近話題となっている宅配BOXについてもメーカー各社の商品が集められ、多くの来場者が関心を寄せていた。
 注目度の高い人工知能分野においてトップ研究者の中島秀之東京大学大学院特任教授による特別講演も好評で、参加者は熱心に聴講していた。
 次回の中部グランドフェアは、平成30年9月21、22日に開催予定。

得意先、仕入先など92名参加
長尾昌和氏(新栄商事)が連覇
服部商会 第18回利進会ゴルフコンペ

 機械・工具の総合商社服部商会(社長=服部嘉高氏、本社=愛知県津島市百島町字三正六歩23)は9月2日、三重県いなべ市のナガシマカントリークラブにおいて「第18回利進会ゴルフコンペ」を開催した。
 ゴルフ日和の下、得意先、仕入先など総勢92名が参加して親睦を深めながら楽しくラウンドし、長尾昌和氏(新栄商事)が昨年に続いて優勝した。
 プレー終了後にはパーティーと表彰式が行われ、はじめに服部社長が「本日は第18回利進会ゴルフコンペに多数ご参加いただきまして誠にありがとうございます。また、服部商会社員一同、常日頃皆様方にお世話になっておりまして、この場を借りて御礼を申し上げます。服部商会は今年も新入社員が2名入社し20名を超える工具屋となりました。本日お見えになります、ユーザーの皆様、そして商社・メーカーの皆様方のお陰で頑張って来られたと思っています。今年の服部商会の課題は『人材教育』と、自分なりに掲げています。今年も空・油圧技能検定に何人か合格して、現在1級が4名、2級が5名います。管理職はどのようにあるべきかという今までにない教育も行い、少しずつ、お客様への御用聞きだけではなく、さらに掘り下げていけるようにしたいと考えています。景気が少し良くなっていると言われていますが、その恩恵にあずかれるかどうかは、私たちの腕次第、足運び次第ではないかと思います。私たちのやるべき仕事、あるべき姿はいつの時代も変わらず、やはりスピードであり、提案営業であります。そのような思いを会長から引き継ぎ、これからも地道にコツコツと着実に一歩ずつ前に進んでまいりたい。来年もまた1人入ってくる予定です。皆様方には、これからも長いお付き合いをしていただけますよう宜しくお願いいたします」と挨拶。
 得意先を代表して挨拶に立った、石川清栄扶桑工機取締役は「服部商会様は、日々の生産活動の中で起きる色々な問題、難儀に対し、スピード感をもって、またコスト等の要求にも応えていただきながら、日々、我々をサポートしてくれています。22名の社員の方に服部スピリットが受け継がれているという事を特に思います。まずはお客様が喜んでくれること、次にお客様が儲けてくれること、これに専念すれば必然的に自分の所に仕事が来る。利益中心ではなくて、まずはお客様を喜ばせるというスピリットが脈々と流れていると思います。服部商会様には今後益々頑張っていただいて、我々と共に成長していただきたいと思う次第です。従来からの大きな流れが変わっていく中で、今、大手自動車産業の企業は『生態系の変革』と言われるくらい生き残りにかけて必死になっています。我々は服部商会様と一緒に、アンテナ高く情報収集することが生き残る最大の手段ではないかと思います。変化の時代、色々なことに対応していくためには、今以上に服部商会様に無理を言わなければなりませんが、助けていただきたいと思っています」と述べた。
 続いて、メーカーを代表して久野将稔オーエスジー中部営業部部長、商社を代表して南村哲寛山善名古屋営業本部副本部長がそれぞれ挨拶。
 久野氏は「我々メーカーは、商品をご愛顧いただいているユーザー様と中々ゴルフを一緒にさせていただく機会はありません。そういった中で、利進会ではお客様と一緒に丸1日グリーンの上で楽しく過ごす機会を頂戴しており、本当に感謝の言葉がないコンペです。業界を代表する、業界が注目するコンペです。ぜひ今後とも、メーカーを1社でも多くお招きいただけることをお願いいたします」。
 南村氏は「さわやかな秋晴れの下、本当に楽しい1日を過ごさせていただきました。今回、初めて参加させていただきました。90数名が参加され、それを毎年、毎年、18回続けて来られているという事で、服部利一郎会長のパワーの表れなのかと、またそれを引き継いでいく社長、それから社員の皆様のパワーの表れだと感じています。我々商社、そして仕入先メーカーは、これからも益々服部商会様を強力に支え、バックアップいたします。ユーザーの皆様は、服部商会様から仕入れをしていただき、決して服部商会は皆様に損をさせることはないと思います。来年、服部会長は喜寿を迎えられます。来年の利進会コンペは服部会長の喜寿記念もプラスして盛大に催されると思いますので、皆様ご参加のほど宜しくお願いいたします」と述べた。
 当日参加した服部商会の社員が紹介された後、順位発表と賞品の授与が行われた。また、服部会長が長野の農園で買い付けた梨が参加者全員にプレゼントされた。
 最後に服部峰久服部商会専務が「次回第19回は来年(平成30年)9月1日の開催としますので、ご参加いただきたいと存じます。本日は多数のご参加をいただきありがとうございます。皆様のためになる会社として社員一同頑張りますので、今後とも宜しくお願いいたします」と御礼の挨拶を行い終了した。
 上位入賞者は次の皆さん(敬称略)。
▽優勝=長尾昌和 N71・0、H0・0(新栄商事)
▽準優勝=植村靖 N71・8、H7・2(植村鉄工)
▽第3位=三浦信義 N72・4、H15・6(ミウラ工業)
▽第4位=高取記光 N72・4、H15・6(高取鉄工)
▽第5位=梅村龍盛 N72・8、H25・2(梅村本店)
▽ベストグロス=長尾昌和 71(新栄商事)

三菱マテリアル 低抵抗両面インサート式
汎用正面削りフライス
「WSX445」拡充

 三菱マテリアル加工事業カンパニー(カンパニープレジデント=鶴巻二三男氏、住所=東京都千代田区大手町)は、低抵抗両面インサート式汎用正面削りフライス「WSX445」に大径カッタボディと左勝手インサートのブレーカを追加し、9月15日より販売を開始した。
 「WSX445」は、ポジティブインサートとネガティブインサートの特長を融合したことにより、両面(4コーナ×2)使用できる経済性と低抵抗を実現させた。
 今回、大型の被削材や高能率加工に最適なカッタ径φ250oとφ315oのカッタボディ(アーバタイプ・4アイテム)を追加。カッタ径φ250oは左勝手も同時追加し、両頭フライス盤などに使用することができる。
 また、今回追加された「Lブレーカ」左勝手インサート(5アイテム)は、切れ味重視の低抵抗タイプで、難削材の加工や機械・被削材の剛性が低い場合に最適。これら追加アイテムにより、使用用途がさらに拡大した。
 標準価格(税抜)は、カッタボディ「WSX445R25010KN」と「WSX445L25010KN」が17万4000円、「WSX445R25014KN」が19万8000円、「WSX445R31514PN」が36万4000円。インサート「SNGU140812ANFL-L TF15」が1380円、「SNGU140812ANEL-L MC5020」が1800円。

高能率アルミニウム合金仕上げ
正面削りカッタ「FMAX」に
三菱マテリアル カッタボディを追加発売

 三菱マテリアル加工事業カンパニーは、高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッタ「FMAX」にカッタボディを追加し、9月15日より販売を開始した。
 「FMAX」は軽量化と高剛性を両立させた正面削りカッタ。従来品以上の多刃設計により、アルミニウム合金などの非鉄金属を、工具径125o24枚刃にて、テーブル送り速度毎分20m以上の高能率で加工することができるようになり、自動車部品などの加工の高能率化を可能にする。
 今回、カッタ径φ40oとφ160oのカッタボディ(アーバタイプ・4アイテム)を追加することにより適応範囲が広がった。
 「FMAX」の主な特長は次の通り。
 @インサートのすくい面上に設けたボディプロテクタと切れ刃に向かうクーラント効果により、理想的な切りくずの排出性を実現し、カッタボディへの擦過損傷を抑制。
 Aカッタ径φ80o以上のカッタボディは、アルミニウム合金と特殊スチール合金の組み合わせで、軽量化と高剛性を両立させ、ダブテイル拘束(逆テーパ溝形状)構造とすることにより、高速回転時にインサートの飛び出しを防止。
 Bインサートの振れ精度調整機能により、複数回の再研磨に対応した調整量を確保し、高精度なセッティングを容易に行うことが可能。
 追加アイテムの標準価格(税抜)は、「FMAX-040A04R」が9万3000円、「FMAX-040A06R」が11万3000円、「FMAXR16016D」が39万1000円、「FMAXR16024D」が52万円。

全部員が一堂に会し
今後の事業など話し合う
愛青会 平成29年度第1回例会開催

 愛知県管工機材商業協同組合(理事長=大藪淳一氏・大清社長)の青年部「愛青会」(部長=長谷川尚氏・加藤商会)は8月8日、名古屋市中区の木曽路錦店に峰澤彰宏副理事長(青年部担当・峰澤鋼機社長)と成田幸隆展示会実行委員長(大成工機商会社長)をゲストに迎えて平成29年度第1回例会を開催した。本会には、青年部員13名全員が出席した。
 開会に先立って、今年度から就任した長谷川部長から「我々は仲間であり、ライバルでもあります。仲間との交流によって多くを知ることができますし、ライバルに負けたくないという気持ちが自身を磨いてくれるのではないでしょうか。愛青会の存在理由は、青年部員どうしが語り合い、刺激し合える場であることだと思います。今日のように、今後の青年部事業には全員出席していただけるようよろしくお願いします。まだまだこのような立場には慣れておらず足りない点も多々あるかと思いますが、青年部部長として一生懸命頑張ってまいりますので、2年間よろしくお願いします」と挨拶があった。
 続いて、峰澤副理事長は、組合での青年部活動に関する説明や青年部員増強活動のお願いなどを挨拶と交えて語り、成田展示会実行委員長は挨拶のなかで「第32回管工機材・設備総合展」への愛青会の協力を要請した。
 また、今年度から新たに青年部員として加わったトラストの山下達矢氏が紹介された後、今後の愛青会の予定などが話し合われた。
 引き続き、昨年度まで愛青会副部長を務めていた伊神敏雅氏(双葉製作所)の乾杯の挨拶で懇親会がスタート。部員同士の会話に華が咲くなか宴もたけなわとなり、最後は、今年度から青年部副部長を務めることとなった倉橋茂己副部長(明興)の中締めの挨拶と1本締めで本例会はお開きとなった。

斎藤 武氏
三豊会長

 機械工具の総合商社三豊(社長=斎藤健治氏、本社=愛知県豊田市丸山町2-91)の取締役会長・斎藤武氏が7月10日、逝去された。満84歳。
 通夜が7月17日午後7時より、葬儀・告別式は翌18日午前11時より、いずれもイズモ葬祭豊田(豊田市小坂本町)において、斎藤家との合同葬をもって執り行われた。葬儀委員長を同社営業部部長の成田和仁氏、喪主を社長の斎藤健治氏が務めた。通夜、告別式には業界関係者などが多数参列した。
 斎藤武会長は、実兄の三井一男氏が興した「三井機工商会」(現・三井機工)で機械工具業界について学び、昭和35年9月に「三豊機工商会」(現・三豊)を創業、社業と業界の発展に尽力した。晩年は、業界の後継者育成に力を入れていた。

『EPHB-PN形』発売
高能率仕上げ用
三菱日立ツール 6枚刃ボールエンドミル

 三菱日立ツール(社長=増田照彦氏、本社=東京都墨田区両国)は9月20日、高能率仕上げ用6枚刃ボールエンドミル『EPHB-PN形』(写真)の発売を開始した。
 昨今の金型市場においては、高精度な加工を高能率に行いたいとのニーズが増えている。機械メーカーはそれらのニーズに対し、多軸加工機で高送り加工に対応したマシニングセンタを開発してきている。しかし、ユーザーニーズに対応するには、マシニングセンタだけでなく切削工具やCAD/CAMなど周辺技術も追従していく必要がある。
 本製品はボールエンドミルのR刃を6枚にすることで、切込みの小さな中仕上げ・仕上げ加工で送り速度20m/min以上の高送り加工を可能とした。また、6枚刃仕様のエンドミルの切れ刃のバラツキをできる限り小さくすることで、高精度な加工を長時間維持することが可能となった。
 高精度な加工を高能率に、かつ長時間行える『EPHB-PN形』をぜひ一度、試してみてはいかがだろう。

『EPHB-PN形』製品概要
 【特長】@6枚刃仕様のボールエンドミル。外周付近の6枚の切れ刃を使うことで、送り速度20m/min以上の仕上げ加工が実現。A6枚の切れ刃ごとの振れバラツキをできる限り小さくしているので刃ごとの切削抵抗のバラツキも小さく抑えられることに。そのため各刃の摩耗も均一に進行し、高精度な加工が長時間維持できる。B一般的なボールエンドミルより剛性が高い工具設計。加えて、仕上げ加工に適したポジ刃形が採用されている。C母材との密着性に優れた、耐熱性の高い「PN」コーティングを採用し長寿命を実現。削り残り量のバラツキをさらに抑えることができるようになった。
 【用途】ダイカスト、樹脂、プレスなどの大型金型の高能率仕上げ加工に。
 【仕様】EPHB6060-PN(φ6)〜EPHB6120-PN(φ12)まで、全4アイテムをラインアップ。
 【価格】EPHB6060-PN(φ6)▽1万7600円〜EPHB6120-PN(φ12)▽3万8200円※いずれも税別。
 【発売】2017年9月20日。

 この商品に関する詳しい問い合せは、(03)6890-5102▽同社営業企画部まで。

耐熱合金加工セミナー2017
サンドビックコロマント 全国より60名が参加

 サンドビック・コロマントカンパニー(カンパニープレジデント=高屋政一氏、本社=名古屋市名東区上社1-1801)は、9月15日午後1時30分より本社にて「耐熱合金加工セミナー2017」を開催した。航空機産業を中心に耐熱合金加工に対するニーズが一層高まりつつある中、加工における悩みを解消し、生産性向上につなげるための同社の最新工具や加工技術を提案した。
 セミナーには全国より定員いっぱいの60名が参加し、旋削加工、転削加工の講習と実削デモ加工が行われた。
 旋削加工の講習では、耐熱合金の種類から被削性まで細かく説明され、耐熱合金加工において工具寿命と加工能率を両立させるには境界摩耗を抑制することがポイントであり、丸駒チップを用いると高能率加工が行えると紹介された。
 工具材種については、セラミック材種は高い生産性を得られるが、適用には十分な検討も必要として、セラミック材種の種類や特性を説明。その他、適正ツールパスの適用事例や、画期的な全方向旋削加工が可能な同社の「コロターンプライム」なども紹介された。
 続いて、転削加工の講習では、正面フライスの最適化について解説され、最適加工方法(トロコイド加工)が紹介された。
 セミナー後半は、プロダクティビティセンターにて実削デモ加工を見学。転削加工での加工パスの工具摩耗への影響、セラミックカッタによる加工、旋削加工での切込み角の工具摩耗に対する影響、高圧クーラント適用による効果を確認した。

衣類用高機能プリンター
新製品 「GTX」 発売
ブラザー工業 印刷時間が従来の3分の1に

 ブラザー工業(社長=小池利和氏、本社=名古屋市瑞穂区苗代町15―1)は、パソコン上で作成したイメージをTシャツなどの衣類へ簡単に直接印刷ができる、ガーメントプリンターの新製品「GTX」の販売を9月1日より開始した。
 GTXは、プリントヘッドを改良したことで印刷スピードが大幅に向上し、従来機の3倍以上の高生産性を実現。従来の3分の1の時間で印刷が可能なため、店舗でオンデマンド印刷する場合も、より少ない待ち時間で印刷物を顧客に渡すことができる。
 また、同社が開発した、広い色域、高彩度1200dpi×1200dpiを実現する新インク「Innobella Textile(イノベラ テキスタイル)」により、従来機種を上回る高品質な印刷が可能となった。洗濯を重ねてもプリントを綺麗に長く保つことができるという(国際規格AATCC洗濯堅牢度試験4級取得)。
 操作面では、プリンター操作パネル(カラーパネル)に読み込んだプリントデータとファイル名が表示され、ファイル名と実際のプリントデータを視覚的に判断できるため、プリントミスによる不良を低減する。
 さらに、白インク循環機能の搭載により、インクのメンテナンスが効率的に実施されるようになり、メンテナンス時に消費してしまうインクの無駄も削減できるとしている。
 GTXの新しい水性顔料インク・前処理剤・充填剤・洗浄液は、環境に優しい原料で構成されているため、子供向けの衣服にも安心してプリントすることが可能(ECO PASSPORT認証取得)。また、交換可能なパウチインクを採用し、プラスチック素材の廃棄を減らす環境に配慮した製品となっている。
 本体サイズは1400(W)×1300(D)×550(H)o、重さ120s(プラテン、消耗品含む)。希望小売価格168万円(税抜)。

「第20回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」
環境大臣賞を受賞
アサダ 10年ぶり2度目の受賞

 配管機械・工具と環境機器の製造・販売を行うアサダ(社長=浅田吉氏、本社=名古屋市北区上飯田西町3―60)は、同社が開発した、冷凍倉庫や寒冷地の空調機器のフロン漏れを検知できる「マイナス30℃で検知可能なフロンリークディテクタ」で、日刊工業新聞社主催「第20回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」の環境大臣賞を受賞した。
 今年1月に同社が発売したフロン漏えい検知器「赤外線式リークディテクタLD316C」は、低温型・高感度赤外線リークセンサーを搭載し、従来のフロン漏えい検知装置の操作温度がマイナス20℃〜だったのに対して、マイナス30℃でも使用が可能。大量のフロンを使用する冷凍倉庫においては、国内で稼働しているものの約50%がマイナス30℃〜マイナス20℃の温度範囲であるとされる中、同製品はマイナス30℃の環境において3g/年という微少な漏れを検知。漏れの早期発見が可能になり、フロン漏えいによる冷凍機器の故障や環境への影響を低減する。
 また、充電式のリチウムイオン電池を採用することで、マイナス30℃で連続運転時間2時間を実現。従来のアルカリ乾電池が30分であるのに比べ、十分な作業時間が確保できるようになった。
 同社はこれまで同賞に4回応募し、2007年に「高速フロン回収再生装置等の開発」で最高賞の1つである環境大臣賞を受賞、その他は優秀賞を受賞した。今回、同製品の環境保護に対する効果が認められ、10年ぶりに環境大臣賞を受賞した。
 同社の同賞受賞歴は次の通り。
・第4回…優秀賞「CFC、HCFC、HFC同時に回収可能な装置」
・第10回…環境大臣賞「高速フロン回収再生装置等の開発」
・第17回…優秀賞「高性能フロン回収再生装置の開発」
・第20回…環境大臣賞「マイナス30℃で検知可能なフロンリークディテクタ」

2017年10月8日(日)・2649号
今年、国内最大の工作機械見本市
メカトロテックジャパン(MECT)2017
最先端、集結。 次世代技術は中部から 出会いが 「ひらめき」 になる四日間
10月18日(水)〜21日(土)、ポートメッセなごやで開催

 国内最大級の工作機械見本市「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」が10月18日(水)〜21日(土)の4日間、ポートメッセなごやで開催される。主催はニュースダイジェスト社(社長=樋口八郎氏)、共催は愛知県機械工具商業協同組合(理事長=伊藤高潤氏・春日鋼機会長)。展示規模はリーマン・ショック前の2007年展に次ぐ1933小間で、前回展を18小間上回り、今年国内で開催される工作機械見本市としては最大となる。出展者数は457社・団体。中部圏をはじめ日本各地や海外から8万人の来場者が見込まれる。
主催者企画展示では宇宙ビジネスで求められる加工技術を紹介
前回を上回る、過去2番目の開催規模
457社・団体が1933小間に出展

 メカトロテックジャパンは、1987年にスタートした、工作機械を中心とするFA技術専門展。西暦奇数年の秋にポートメッセなごやで開催され、今回で16回目を迎える。
 今展は、出展者457社・団体のうち16・8%にあたる77社が初出展(前回は69社)。展示される工作機械、各種装置は376台。1年以内に発表された1190点の新製品が展示される予定。海外からの参加は23カ国・地域を数える。
 世界最先端技術の実演加工に挑戦する主催者企画展示(コンセプトゾーン)では、新市場として期待される「宇宙」にスポットを当て、宇宙ベンチャーの取り組みを紹介するとともに、最新の人工衛星に向けた部品加工など、宇宙市場で必要とされる加工技術を会場内で披露する。
 また、主催者企画のセミナーでは、トヨタ自動車、マツダ、ボーイングなどが、それぞれの分野から、ものづくりの今後について講演する。
 その他、出展者によるワークショップや、同時開催イベントとして「工作機械トップセミナー」(一般社団法人日本工作機械工業会主催、学生限定セミナープログラム)も行われる。
     ◇
 MECT2017概要
 【開催期間】2017年10月18日(水)〜21日(土)10時〜17時 ※20日(金)は19時までナイター開催、最終日21日(土)は16時まで
 【開催場所】ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
 【主催】ニュースダイジェスト社
 【共催】愛知県機械工具商業協同組合
 【入場料(税込)】大人1人1000円、団体(10人以上)1人500円、学生・海外からの来場者は無料 ※公式Webサイト(mect-japan.com/2017)から事前登録すると入場無料
 【出展者数】457社・団体(うち77社が初出展)
 【展示規模】1933小間
 【海外参加国・地域】23カ国・地域
 【予測来場者数】8万人
 【主な出展製品】工作機械、鍛圧・板金加工機、射出成形機、3Dプリンター、機械工具、鋸刃、切削工具、工作機器、測定機器、試験機器、研削砥石、研磨材、油圧・空圧・水圧機器、歯車・歯車装置、環境・安全対応機器装置、CAD/CAM/CAE、制御装置・関連ソフトウェア、産業用ロボット、搬送装置、洗浄機械装置、品質管理・安全・試験認証機関、新素材、マイクロマシン、ナノテクノロジー関連など
主催者ご挨拶
潟jュースダイジェスト社
代表取締役社長 樋口 八郎

 メカトロテックジャパン(MECT)2017は、今年開催される工作機械見本市の中では国内最大級の開催規模となります。1987年に始まり、今回で16回目を迎えました。本展は、国内外から457社・団体にご出展いただきました。小間数も1933小間と、どちらも過去2番目の規模で開催する運びとなりました。これもひとえにご出展者、関係各位のご支援のたまものであり、心から厚く御礼申し上げます。
 本展は「最先端、集結。次世代技術は中部から 出会いが『ひらめき』になる四日間」をテーマに、最新の工作機械や周辺機器、加工技術などを披露します。また、企画展示の「コンセプトゾーン」では宇宙をテーマに、最新の人工衛星やロケット部品の加工実演もいたします。この他、各種セミナーや出展者のワークショップなど、多数の企画を用意しております。
 今年度上半期の工作機械の国内需要は、政府の補助金政策などを追い風に、好調を維持しております。この勢いを持続させるためにも、MECTを下期の起爆剤としてご利用いただければ幸甚に存じます。 主催者企画展示
NEWFRONTIER
宇宙
 求められる加工技術

▼開催場所=ポートメッセなごや1号館特設会場コンセプトゾーン内
▼実施期間=10月18日(水)〜21日(土)
▼展示内容
 【ゾーンA 最新の人工衛星部品を削る】
 宇宙ベンチャー、アストロスケール社が来年初頭に打ち上げを予定する宇宙ゴミの観測用人工衛星「IDEA OSG1」。会場では、打ち上げ時に必要不可欠な衛星とロケットの結合部品(アダプター)を5軸MCで加工。最新の切削加工技術を披露する。
 【ゾーンB 宇宙で活躍する町工場の技】
 売上の約30%が宇宙関連という神奈川県茅ケ崎市の町工場「由紀精密」。従業員33人の町工場になぜ、宇宙の仕事が舞い込むのか。会場では、MECTに合わせて新たに設計したロケットエンジン(スラスター)のインジェクターを複合加工機で加工。宇宙関連企業から選ばれる技の秘密に迫る。
セミナー
▼開催場所=ポートメッセなごや交流センター3階会議ホール
▼開催日時=10月18日(水)〜20日(金)@13時〜14時A14時20分〜15時20分
▼聴講料金=無料 ※会場への入場料1000円が別途必要
▼申込方法=公式Webサイト(mect-japan.com/2017)のセミナーページから受け付け
▼定員=各セミナーとも400名(先着順)
▼講演内容
 【10月18日(水)】
 テーマ「自動車」
 クルマづくり最前線

〇講演@13時〜14時
 『次世代に向けた新しいクルマづくり』/トヨタ自動車常務理事パワートレーンカンパニー量産開発 生産技術担当 近藤禎人氏
〇講演A14時20分〜15時20分
 『飽くなき挑戦』/マツダパワートレイン開発本部エンジン設計部 部長 林裕二氏
 【10月19日(木)】
 テーマ「航空機」
 進化する航空機産業

〇講演@13時〜14時
 『航空宇宙産業における生産の動向』/ボーイングマテリアルマニュファクチュアリングテクノロジー担当 バイスプレジデント レーン・バラード氏
〇講演A14時20分〜15時20分
 『航空機用ジェットエンジンのものづくり技術〜自動化への取り組み〜』/川崎重工業ガスタービン・機械カンパニーガスタービンビジネスセンター生産総括部 総括部長 三島悦朗氏
 【10月20日(金)】
 テーマ「宇宙」
 宇宙ビジネス新時代

〇講演@13時〜14時
 『北海道から宇宙へ打上がるロケットの現状と今後の産業発展』/インターステラテクノロジズ 代表取締役 稲川貴大氏
〇講演A14時20分〜15時20分
 『アストロスケールが目指す宇宙ビジネス』/アストロスケール CEO 岡田光信氏
    ◇
 来場者向けに見どころを紹介するWebサイト「MECT NAVI」を新設
 「MECT NAVI」では、MECT2017の会場の様子を動画配信するほか、会場内ニュース「Show Daily」と連動し、最新ニュースも配信。来場者同士で情報共有ができるようにTwitterなどのSNSサイトも積極的に活用する。
 《コンテンツ》
 @会場内の様子を動画で配信…MECTの会場の様子や来場者、出展者の声を動画で配信。
 A会場内の最新ニュースをチェック…会場内で配布する会場内ニュース「Show Daily」と連動。最新ニュースを配信。
 B数字で見るMECT…メカトロテックジャパンの規模や過去の実績をグラフやイラストで分かりやすく解説。
 Cキーワードからトレンドを知ろう…工作機械や周辺機器、また加工技術に関するキーワードを紹介。
 D新市場「宇宙」の魅力に迫る…主催者企画展示(コンセプトゾーン)の紹介。
 E目的のブースを探そう…今回展の出展製品から出展者を検索。
共催者ご挨拶
愛知県機械工具商業協同組合
 理事長 伊藤 高潤

 国内最大規模のメカトロニクス展示会、メカトロテックジャパン(MECT)を今年も開催することとなりました。過去2番目となる多数の出展者にご参加いただく展示会になりました。これもひとえにご関係各位のご支援とご協力のたまものと厚く御礼申し上げます。
 技術のイノベーションは一人の天才のひらめきによると言われます。そのひらめきを具現化するには長年培われた確かな生産技術の裏付けが必要です。このMECTもそのような生産技術の確立に役に立てればと思います。
 最近の国内経済は、昨年末から円安傾向で推移しており、回復基調が持続しております。日銀短観でも「経済は緩やかに回復をしてきている」と判断しています。
 私ども生産財の流通を生業としております「機械工具商社」にとり、MECTは皆さまへの技術情報伝達の場として重要な展示会です。当組合は、会員各社総力を挙げてMECTの開催準備を進めてまいりました。ご来場頂きます皆さまにとり、有益な技術情報伝達の展示会となりますよう、心から祈念いたしております。

4コーナ仕様・高送りカッタ
「SKS-GU形」を出展
ダイジェット工業 小間番号2A25

 ダイジェット工業(大阪市平野区加美東2-1-18)は、新発売の高送りカッタ「SKS-GU形」とミラーボールインサート「BNM-SS形」を中心に、高能率、高精度で難削材加工にも対応可能な充実の製品ラインナップを展示紹介する。
 高送りカッタ「SKS-GU形」は、金型の高能率荒加工及びチタン合金などの難削材加工をターゲットとした刃先交換式工具。刃先交換インサートは、経済的な4コーナ仕様で、四角10oタイプ(カッタ径φ25〜φ80)と四角14oタイプ(同φ50〜φ160)の2種類をラインナップし加工形態に合わせて選択できる。本体は荒加工に最適な「Gボディ」を採用。切りくず排出性に優れ、かつ本体剛性を重視したボディバランスを実現している。インサート材種は「JC8118」「JC8050」「JC7550」の3種類をラインナップし、一般鋼からステンレス、チタンなどの難削材まであらゆる加工に対応できる。サイズ(本体)はボアタイプがφ50〜φ160、モジュラータイプがφ25〜φ42。
 高精度刃先交換式ボールエンドミル「ミラーボール」に、高速・高能率加工で更なる安定加工を可能にするミラーボールインサート「BNM-SS形」が登場。新PVDコーティング「DHコート」と超微粒子超硬合金の組合せによる新材種「DH108」を採用し、汎用材種として一般鋼からプリハードン鋼、ステンレス鋼、鋳鉄など幅広い被削材に対応する。S字刃形ながらR精度は±0・006o以下とソリッドボールエンドミル同等の高精度を実現、三次元形状仕上げ加工に適している。サイズは3R(φ6)、4R(φ8)、5R(φ10)、6R(φ12)、8R(φ16)、10R(φ20)、12・5R(φ25)、15R(φ30)の8型番。
 同社では、この2商品を対象にした、数量限定のお得な「ダイジェット新嵐キャンペーン」を実施中。期間は本年12月29日まで。

航空機関連コーナーも設置
材料別による商品の紹介
彌満和製作所 小間番号2A24

 彌満和製作所(東京都中央区京橋3-13-10)は、被削材の特性から起こりうる加工トラブルを検証し、その対策と推奨タップを、「一般スチール鋼」、「中硬度炭素鋼」、「アルミニウム合金鋼」の3つのコーナーに分けて紹介する。また、航空機関連のコーナーも設け推奨されるタップの紹介を行う。
 新商品としては、次の2アイテムの展示を行う。
 ■〈AUSP Rc〉〜管用テーパねじ用コーティングスパイラルタップ〜
 SS材、低炭素鋼材などの比較的軟らかい材料に対しての管用テーパねじ加工においては、めねじ肌のトラブルが多く発生する。その対策品が「AUSP Rc」である。
 ▽特長
 @独自の刃形状と特殊コーティングの採用により、むしれ問題を劇的に改善することが可能となった。また、工具の高寿命も得られる。
 A適正な工具の突出しで、切りくずのホルダへの干渉を回避するため全長を長めに設定している。
 ▽寸法範囲
 Rc1/16-28、Rc1/8-28、Rc1/4-19、Rc3/8-19、Rc1/2-14、Rc3/4-14、Rc1-11
 ■〈MHSP〉〜中硬度炭素鋼用止り穴用スパイラルタップ〜
 20〜35HRCに調質された炭素鋼や合金鋼などの中硬度炭素鋼は、汎用タップで加工すると早期摩耗や欠けが発生しやすい傾向にある。その対策品が「MHSP」である。
 ▽特長
 @耐摩耗性に優れたコバルトハイスと特殊コーティングで耐久力向上を図っている。
 Aねじ部の完全山を数山残し、以後のねじ山を半分山払いした特殊形状で、完全ねじ部の欠け防止効果を高めている。
 B適正な工具の突出しで、切りくずのホルダへの干渉を回避するため全長を長めに設定している。
 ▽寸法範囲
 M8〜M16並目、M10〜M16細目

集塵機能付エアブロー装置
「MIJET」など展示
東 陽 小間番号1B11

 東陽(愛知県刈谷市中山町5=10)は、各種刻印機や環境商品を出展する。世界最小オールインワンレーザーマーカーの「NanoVIS」(オートメーター社製)やドット式刻印機「TMP2100/470」(テレシス社製)、集塵機能付エアブロー装置「MIJET」等、幅広いラインナップを準備している。
 「NanoVIS」は、オートメーター社が開発した世界最小レーザーマーカー。機能を絞り込み、コストパフォーマンスを向上させた。銘板打ちや、プラスチックへのマーキングに対して、今までレーザーマーキングを取り入れたいが「価格が高い」と諦めていたユーザーへ提案できる商品である。
 一方「TMP2100/470」シングルピン・マーキングシステムは、プログラム可能な、高精度、ローコスト、コンパクトサイズでさまざまなマーキングニーズに対応できる理想的なシステム。「MIJET」は電気が不要で吸引とエアブローが同時にできるエアクリーナー。作業効率向上、環境改善につながる製品である。
 また、ブースでは、専門スタッフがスタンバイし、各ユーザーの刻印に関する悩み、課題に応じて、最適な機種を推奨する。なお、テストピースを持参することで、その場でテスト刻印を行い返却することも可能としている。

再研磨後の形状確認に最適な
画像工具測定器「ジャストスコープ」
菱高精機 小間番号2A03

 菱高精機(高知県高岡郡中土佐町上ノ加江2085-2)は、前回展に続き全自動工具研削盤「イプシロンSGR-XV」の展示を行うと共に、イプシロン購入顧客から要望のあった再研磨後の形状確認・寸法測定が簡単に行える画像工具測定器「ジャストスコープ」を展示する。
 ジャストスコープは、大きさが680o×515oと研磨機横の作業台に設置可能な寸法で、CMОSカメラを搭載しており、手持ちのPCに接続し画像にて形状確認ができる優れモノ。
 また、切削工具関係ではインサート式工具「ハンガーミル」などを展示する。ハンガーミルは、独自インサートと特殊溝形状により、切屑排出性を高め、バーチカル加工(縦突き切削)と穴あけ加工を行えるツール。先端の形状はフラット形状で段差も極小段差に押さえ、黒皮の材料の粗加工や曲面材料の加工にも効果がある。
 今回のMECTでは、同社と協力関係にあるドイツの精密切削工具メーカーHAM社から来年1月にリリースされる、MMP(マイクロ・マシニング・プロセス)テクノロジーで作られた鏡面のように光り輝く仕上げ用ドリルも参考出品される。

実機を使ったデモも可能
最新の試験・分析装置を紹介
モリタ 小間番号2C1

 モリタ(名古屋市中区上前津1-2-29)は、大型試料の高精度分析が可能な白色光干渉式顕微鏡、最新モジュールを組み込んだ摩擦摩耗試験機をはじめ、ばね試験機、スイッチフィーリング試験機、研究室向け実験設備などを展示。
 『異物分析コーナー』では、洗浄度検査装置による有機/無機異物の判別から赤外線分光光度計による分析試験、蛍光]線分析装置による分析試験を紹介する。
 また、小型多関節型三次元測定機も展示する。デモも可能。
 主な出展製品は、自動圧縮引張ばね試験機ASPシリーズ▽スイッチフィーリング試験機Tec3D▽部品洗浄度検査用スキャナMicro Quick▽蛍光]線分析装置FD-10▽顕微赤外分光光度計LUMOS。

HRC40〜72の焼入れ鋼用工具
トグロンハードシリーズを出展
イワタツール 小間番号2B23

 イワタツール(名古屋市守山区花咲台2―901―1テクノヒル名古屋E―3)は、HRC40〜72の焼入れ鋼に穴があく「トグロン ハードシリーズ」を出展し、金型加工における精度向上や工程短縮を提案する。
 トグロンハードシリーズの高硬度材深穴加工用ドリル「トグロン ハードロングドリル」は、焼入れ鋼に20D以上の貫通穴加工を実現。真円度・円筒度・面粗度に優れ、H7以上の精度も可能。金型のエジェクタピン穴加工をはじめ、ワイヤ放電加工のスタート穴、部品加工においても精度向上や工程短縮(同社実績…製作日数が4分の1に短縮)を可能にした。
 ブース内では「50Dの焼入れ鋼穴あけ」の加工実演を実施する。「トグロン ハードロングドリル」を使用し、SKD11(HRC60)の焼入れ鋼に、φ1・2o、深さ60o以上の貫通穴加工を行う予定。
 また、焼入れ鋼に高速で加工が可能な「トグロン ハードドリル」オイルホール付きも参考出品する。
 そのほか、面取り加工に特化することにより、コスト低減と加工スピードアップを両立した、一般鋼加工用5枚刃面取り工具「トグロン マルチチャンファー」と、アルミ・樹脂・真鍮に最適な「トグロン シャープチャンファー」を展示。「トグロン」の特徴であるネガ刃形状は、焼入れ鋼から一般鋼、アルミ、アクリルなど幅広い被削材に対し、高速、高精度、高難易度など、それぞれの製品が優れた性能を発揮する。加工形状も穴あけ、面取り、V溝、位置決めなどバリエーションが豊富。
 10月21日(土)には出展者ワークショップで「高硬度材、穴あけによる金型製作工程短縮。PCD、CBNについて」と題して岩田社長によるセミナーが行われる。時間は13時〜13時40分、交流センター3階第3・第4会議室にて。[内容]トグロン ハードドリルによる焼入れ鋼への深穴加工により、金型の穴あけ加工が切削にて可能になった。この製品の使用方法や切削条件について説明する。PCD、CBN、小径工具についても説明する。

高速・重切削に最適なツールホルダ
スーパーG1チャックアドバンス
ユキワ精工 小間番号1D17

 ユキワ精工(新潟県小千谷市千谷2600―1)は、スーパーG1チャックの紹介、切削加工におけるツールホルダの違いによる品質の向上、生産性向上の事例を紹介する。
 また、さらなる高剛性を追求した、新製品スーパーG1チャックアドバンスを展示する。
 【スーパーG1チャックアドバンスの特長】
 @加工送り速度を上げられる…ホルダ外径部の特殊形状により、高速・重切削にも負けない高い剛性を持ち合わせている。これにより、エンドミルの高送りをすることで、サイクルタイムの短縮が可能となる。
 Aワークの加工面がきれいに仕上がる…高速・重切削が可能で、ワークの仕上がりが良好。荒加工用ホルダと仕上げ加工用ホルダがこれ1本で済む。
 B切削工具が長持ちする…同社のベストセラー商品であるスーパーG1チャックと同様、総合芯振れ精度5μm以内を保証。高い振れ精度で加工を行うことができるため、加工時の工具への負担が大幅に軽減し、工具寿命を延ばすことが可能。「高い振れ精度で加工を行うことにより工具交換時期も安定し、切削工具の管理がしやすくなった」とユーザーより喜びの声も届いている。

PBの防振エンドミルも出展
最新工具での最適加工を提案
大阪工機 小間番号2D02

 大阪工機(大阪市中央区安堂寺町1-6-7)は、海外の優れた商品を周辺機器類と切削工具に分けて展示する。
 周辺機器では、ドイツ製の回転工具ホルダーの展示を行う。EWS社は回転工具ホルダー専門メーカーで高剛性、高精度という最大の特徴がある。加工効率UPに寄与する商品となる。
 切削工具では、防振エンドミル「new century」(大阪工機オリジナル超硬エンドミル)を展示。同社初の完全プライベート商品で、第一弾として防振エンドミル9種類を出展する。製品のコンセプトは「ハイクオリティと低コストの高い次元での融合」。ラインナップとして、粗仕上げ兼用タイプ@ショートAレギュラーBセミロングCロングDエキストラロングの5種類の刃長違いと、深堀加工タイプとしてEレギュラーネック付きFロングネック付きの2種類、Gステンレス加工用Hコーナーラジアスタイプを揃えている。すべての種類で防振効果のある不等分割不等リードの刃形状を採用。防振エンドミルのパイオニアである同社が「ワンランク上の加工を目指すユーザー様に、取り組みやすい価格で販売し、喜んでいただける商品」と自信を持って市場に投入するエンドミルである。
 【主な出展製品】
 超硬エンドミル「new century」(韓国)▽超硬ねじ切り工具「VARGUS」(イスラエル)▽回転工具ホルダー「EWS TOOL」(ドイツ)▽ツールプリセッター「ALFA-SYS」(スイス)▽パワーグリップホルダー「REGO-FIX」(スイス)

バリ取りロボットシステム
斬新な動作を実演
NaITO 小間番号2B02

 NaITO(東京都北区昭和町2-1-11)は、ロボット・環境・計測の各コーナーに分類して分かりやすい展示を行う。
 ロボットコーナーでは、バリ取りロボットにATCを付けて斬新な動作を披露する。また、人気のあるハンドツールの実演を行う。
 環境コーナーでは、クーラント液の省力化に最適な自動ミキシングガン装置を浮上油回収装置とコラボして初展示する。
 計測(検査)コーナーでは、外観検査のLEDライトや疲労を和らげる検査メガネ、さらにハイスピードカメラで目視しにくい悩みを一挙に解決、最新提案で新しい世界を紹介する。
 【主な出展製品】
〇NR研磨材
〇NR自動ミキシングガン
〇バリ取りロボットシステム
〇検査用メガネ
〇デジタル式空気マイクロメータ

日本初出展の横形マシニングセンタ
NHX6300 2nd Generation 出展
DMG森精機 小間番号3C19

 DMG森精機(名古屋市中村区名駅2-35-16)は、DMG MORIが実現するコネクティッドインダストリーズ/インダストリー4・0をユーザーに説明する。インダストリー4・0に対応したCELOS・DMG MORI Messengerの活用による、生産システムや自動化ソリューションの統合・一元管理をブース内のステージにて紹介。ユーザーの生産性向上に貢献するため、@スマートファクトリーACELOS+センシングB自動化をセットで提案する。
 日本初出展となる横形マシニングセンタNHX6300 2nd Generationと5軸制御マシニングセンタDMU 50  3rd Generationを含む計12台の最新鋭の工作機械を出展し、全ての機械で実演加工を行う。専任スタッフが豊富な加工事例やデモ加工を交えた実践的な技術ノウハウを分かりやすく解説し、ユーザーの生産性向上に貢献するソリューションを提案する。
 10月20日(金)には出展者ワークショップとして、「DMG MORIの自動化提案」をテーマに、伊賀商品部室長・柏木悟氏による講演を行う。搬送方法と周辺装置の組み合わせによる課題解決について、導入によるメリットから稼働率を上げる運用のポイントまで、実例を交えて紹介する。
 また、主催者企画展示の「NEW FRONTIER宇宙 求められる加工技術」をテーマにしたコンセプトゾーンに由紀精密とともに出展し、MECT2017に合わせて新たに設計された部品を複合加工機NTX1000 2nd Generationにて実演加工する。

高強度だけでない縦刃カッタの登場
高能率多機能カッタVP]シリーズ
三菱マテリアル 小間番号2A29

 三菱マテリアル加工事業カンパニー(東京都千代田区大手町1-3-2)は、11月10日発売予定の、さまざまな加工形態に対応する多機能カッタに剛性が高い縦刃インサートを搭載した、高能率加工用多機能カッタ「VP]シリーズ」を展示する。
 VP]シリーズは、縦刃インサート搭載による高い剛性に加え、同一インサートでのランピング加工やヘリカル加工を可能にし、専用インサートに交換する必要のない、多機能性を高めた設計となっている。
 主な特長は、@インサートを縦に配置することで、高いホルダ剛性を確保し耐欠損性に優れ、高送り加工でも安定した切削加工が可能。A広い着座面を設け、インサートをより強固にクランプさせることで、切削加工中の振動による、インサートのブレを抑制。Bインサートの大R副さらい刃は、良好な仕上げ面を実現し、さらに凸切れ刃を設けることで、より高精度な立壁加工が可能。
 アイテムとしては、最大切込み量が8oのVP]2000と11oのVP]3000があり、シャンクタイプはφ16o〜φ50oの逆段シャンクやウエルドンシャンクを含めた55アイテム、アーバタイプはφ32o〜φ80oの18アイテム、スクリューインヘッドタイプはφ16o〜φ40oの23アイテム。インサートは8材種のコーナR展開を含め128アイテムを標準在庫し、さまざまな被削材の切削加工を可能にする。

回転センターメーカーが提案する
高剛性ビルトインセンター
二村機器 小間番号1D20

 EAGLE STARS、ワシ印でおなじみの二村機器(名古屋市中村区岩塚町九反所55)は、高剛性が要求される旋盤加工に対応可能な「アクティブビルトインセンター」を展示する。
 加工技術の刷新が進む中、スカイビング加工やシェービング加工といった焼入れ後のハードターニング加工も増えてきている。各々の加工には違いがあるが、高硬度の加工物を加工することに違いはない。高硬度の加工物を加工する際に、必要な条件は主に3点が挙げられる。
 第1に加工物を保持するための耐高ラジアル荷重であること。次に耐高ラジアル荷重を逃さない様にする、耐高スラスト荷重。最後に加工物の面粗度を向上させるための高速回転である。更にこの3条件を満たしたとしても、ベアリングの消耗は避けることができない。それを解決したのが、スマートアクセスシステム。短時間でベアリングユニットの交換を可能にした。同社は、これらの加工条件を満たすビルトインセンターを製品化した。
 その他、ドライビングセンターの新ラインナップや様々な問題を解決に導いた特殊品などの展示も行っている。

「ローダー×稼働監視」による
生産ラインの見える化
三栄商事 小間番号1C58

 三栄商事(名古屋市東区東桜2-17-6)は、今回、ガントリーローダーとローダー稼働監視システムを出展する。
 同社は、2013年4月に「ローダーメーカー」の浜名エンジニアリングを、2016年12月には「稼働監視システムメーカー」のプロキャストをグループ化した。
 今回の展示では、両社の強みを融合した「ローダー×稼働監視」により、ローダーによる生産ラインの見える化を実現。「誰でも分かる。いつでも見れる。どこでも見れる。」をコンセプトに、メーカー機能を備えた商社として目指す新たなる事業スタイルを披露する。

「ZMACアドバンストボーリングヘッド」など
新製品を多数展示
日研工作所 小間番号1D40

 日研工作所(大阪府大東市南新田1-5-1)は、剛性・操作性に優れた同社最強のボーリングヘッド「ZMACアドバンストボーリングヘッド」、φ200oまでの大径ボーリング加工が可能な「eMACWデジタルボーリングヘッド」を出展する。
 ■ZMACアドバンストボーリングヘッド(ZMAC-V)…φ16〜180oの仕上げ加工用。剛性アップで精度が更に向上。新型ロックフランジによりダイヤル操作性と視認性も向上した。全サイズクーラント仕様(ZMAC70-V以上は可変ノズル式)。
 ■eMACWデジタルボーリングヘッド…eMACシリーズに、1ヘッドでφ6〜φ200oのボーリング加工が可能なワイド(W)モデルを追加。スライド移動量を正確にデジタル表示し、狙った径へ、早く、簡単、正確にアジャストできる。Q42ベースホルダ、センタースルー対応。防水防塵設計(IP67相当)。
 その他、小径・深穴加工に定評のあるミニミニチャックが更に進化した「ミニミニチャックアドバンストα」、自動旋盤用の高精度ホルダとして「CNC自動旋盤用高精度スリーブ」、アングルヘッドの測定を可能にした新型ツールプリセッタ等の新製品を展示する。

樹脂成型など熱水用途に最適な
熱水用カプラHW型など展示
日東工器 小間番号1A53

 日東工器(東京都大田区仲池上2―9―4)は、樹脂成型などの安全性・作業性を高める迅速流体継手「熱水用カプラHW型」、1台のドライバで4台分のねじ締め設定が可能な電流制御ドライバ「デルボDLV04C/10Cシリーズ」、薬品や液体の吸引・搬送用途に最適な高流量圧電ポンプ「バイモルポンプBPHSシリーズ」を出展する。
 「熱水用カプラHW型」は、金型の温度調整配管の接続分離に最適な迅速流体継手。振動や衝撃などによる接続後の不意な分離を防止する「セーフティロック機構」を搭載し、ニッケルめっき処理を施すことで耐食性をアップ。さらに熱水用途に特化したシール材やダブルOリング仕様とすることでシール性能を高めるなど、成型や金型交換時の安全性・作業性に配慮した設計となっている。
 「デルボDLV04C/10Cシリーズ」は、コントローラにトルク値、回転速度を最大4条件設定できるため、4台分のドライバを1台に集約可能。コントローラからの電流制御でトルクを設定するため、ドライバ本体での調整は不要。コントローラをPLC等に接続し自動機にも搭載できる。ワークに応じて、SOFT締め、HARD締めの2通りのねじ締めタイプが選択可能。
 「バイモルポンプBPHSシリーズ」は、圧電振動素子の屈曲・屈伸運動をポンプの駆動源として利用した圧電ポンプ。独自のチャンバー室の形状により、流量が従来品より最大40%増加した。ハウジングやシール材質の組み合わせにより、さまざまな種類の液体や気体に対応できる。

独のMEGAドリルリーマーなど
欧米の即戦力ツールを紹介
ライノス 小間番号2A09

 ライノス(大阪市天王寺区空清町1―8)は、ヨーロッパやアメリカなどから輸入した特徴ある切削工具を、日本の生産現場の様々なニーズに対応可能な即戦力ツールとして紹介する。ドイツのMEGAドリルリーマーやアメリカのミシガンデバリングツールなど、刃の形状や加工性能はもちろん、サイズ揃えの豊富さにも注目したい。
 今回は『機械加工で効率的なバリ取りを』をテーマに、加工したワークも展示し、様々なバリ取りの問題に対し機械加工での工程改善を目指す。
 【主な出展製品】
 ミラー・MEGAドリルリーマー(ドイツ)▽ミシガン・デバリングツール(アメリカ)▽ブリクレー・バーレスリーマー(ドイツ)▽メイケスタッグエンドミル(オーストリア)▽ヒルトライン・クーラントホースシステム(スイス)

汎用性を追求したドリルの新機軸
「マルチドリルネクシオMDE型」
住友電気工業 小間番号2B14

 住友電気工業ハードメタル事業部(兵庫県伊丹市昆陽北1―1―1)は、独自の刃型で切削抵抗の低減と切りくず処理性を向上させるとともに、新開発の超硬母材とコーティングを採用することで幅広い被削材に対しても長寿命を実現する、超硬コーティングドリル「マルチドリルネクシオMDE型」をはじめ、鋼旋削において絶対的な安定加工を実現するコーティング材種「AC8000Pシリーズ」、SEC-スミデュアルミルDFC型に拡充した切りくず処理に優れた「GS型ブレーカ」等、最新の切削工具を展示する。
 自動車・航空機など産業別展示では目的・用途に応じた加工を提案。希少資源タングステンのリサイクルへの取り組みについても紹介する。
 【主な出展製品】
 超硬コーティングドリル「マルチドリルネクシオMDE型」▽鋼旋削用コーティング材種「AC8000Pシリーズ」▽鋳鉄旋削用コーティング材種「AC4000Kシリーズ」▽高能率汎用/隅削りカッタ「SEC-スミデュアルミルDFC型」

ワンランク上の高能率加工を実現
ハイドロチャックオメガPHC・H型
エヌティーツール 小間番号1D19

 エヌティーツール(愛知県高浜市芳川町1―7―10)は、ハイドロチャックオメガPHC・H型を出展し、焼入れ鋼の高送り加工や溝切削加工など、高負荷な加工での性能を来場者に実感してもらうためにブース内でデモ加工を実施する。
 ハイドロチャックオメガPHC・H型は、重切削加工において、高能率刃具の性能を最大限に発揮すべく高剛性、高把握力を追求。従来のミーリングチャック同等以上の能力を有する。独自のスリーブ全体収縮構造で、エンドミル側面切削時の加工面傾き(取り残し)を抑え、同社ハイドロチャックシリーズの特長である「高精度」「高い振動吸収効果」により加工面粗さを向上させる。加工後のゼロカットを低減し、次工程の負荷低減に寄与することでサイクルタイムの低減につながる。また他のハイドロチャックシリーズと同様に作業性を追求し、刃具のチャッキングはレンチによる締切で簡単に行えるので、作業者への負担や作業時間を低減する。
 【主な仕様】把握径=φ16、20、25、32、42▽対応シャンク=BT、AHO、HSK、UTS、CAT、SK▽芯ズレ精度=4d先端3μm以下▽繰り返し精度=1μm以下

『FA&ロボット』をテーマに
自動化・省人化を提案
ダイドー 小間番号1B35

 ダイドー(名古屋市中村区名駅南4-12-19)は、『FA&ロボット』をテーマに、メーカーとコラボレーションし出展する。最新の「協働ロボット」を含め、多種多様なロボットのデモンストレーションを通じて自動化・省人化を紹介し、ユーザーのニーズに合わせた「ものづくり」に役立つ提案をする。
 【出展メーカー・出展物】
〇IRONCAD=機械設計向け3次元CAD、ロボットシミュレーション
〇アイセル=マシンシャッター、ミリオンガイド、カップリング、メカロック
〇IDEC=セーフティレーザースキャナSE2Lシリーズ
〇エヌアイシ・オートテック=手軽で安心!ロボットの性能を支える、装置メーカーのロボット架台
〇セイコーエプソン=新商品AC100V稼働のスカラーロボット
〇加茂精工=ノンバックラッシ高精度位置決め(TCGランナー・リング、ボール減速機ほか)
〇三機工業=シャトルコンベヤ
〇シュマルツ=真空機器専門メーカーによるロボット搬送の省エネ&IoTソリューション
〇TAIYO=電動グリッパ…把持力・速度・位置検出などの制御可能なハンド
〇デンソーウェーブ=ロボットシステム
〇ナブテスコ=精密減速機RV、RD、RS
〇日本フェンス=安全柵
〇パナソニック=レーザーマーカー、ライトカーテン、小型PLC、通信+接触式変位センサ
〇ファナック=協働ロボットCR-7iA/L、ロボット*Panasonic Vision
〇富士機械製造=ティーチング不要な小型多関節ロボットSmart Wing
〇富士変速機=食品機械向けギヤードモータデモ機
〇三菱電機=産業用ロボットセル&ワイドモデル表示器、ビジョンセンサー、予防保全
〇妙徳=真空発生器コンバム、パット、CVZ(大排気量)、COPS(非接触パッド)
〇ヤマハ発動機=新型リニアコンベアモジュールLCM-]、統合コントローラYHX

新製品エンドミルS50Iなど
多数の新製品を発表
曽根田工業 小間番号2B21

 曽根田工業(静岡県磐田市駒場1―12)は、ビビリを抑え高能率加工が可能な「S50I-4EDエンドミルシリーズ」をはじめとする、多数の新製品を発表する。
 その一部をここで紹介する。
 @S50I-4EDエンドミルシリーズ
 不等リード、不等ピッチを採用し、コストパフォーマンスに優れたナノアルミナコーティングにより、ビビリに強く、高い送りが可能。一般鋼、HRC50までの調質材など幅広い材質に対応する。
 Amaxvpoint溝入れシリーズ
 高能率加工と長寿命を誇るタングステンヘッドmaxvpointの新シリーズとして、内径溝入れ加工用超硬溝入れホルダーが仲間入り。各メーカー共通のインサートを採用、オイルホール付き。ヘッドにタングステンを採用しビビリに強く高能率加工が可能。
 B制振機能付き太径ボーリングホルダーMONKURA
 ボーリングホルダー内部に制振機能合金を入れた、制振機能付き太径ボーリングホルダー。突き出し量が最大12Dまで可能。
 その他、同社が取り組んでいる、『キレが蘇る』超硬ホルダー修理「ドクターシステム」も注目される。

倉庫など限られたスペースを有効活用
段積みリール ケーブルタイプ
ハタヤリミテッド 段積みできる角型フレームタイプ

 ハタヤリミテッド(社長=足立憲泰氏、本社=名古屋市中区大須4丁目)から好評発売中の『段積みリール ケーブルタイプ』は、発売以来、その使い勝手の良さから一般ユーザーはもちろん、プロユーザーからも高い人気を誇るコードリールだ。
 これまでのコードリールは、倉庫や車載時など限られた収納スペースでは扱いづらかった。そこで誕生したのが、段積みすることで省スペースにまとめて収納できる本製品だ。段積みできる角型フレームタイプだから立てても寝かせても使え、持ち運びも非常に便利。網パレット保管もキレイに行える。
 また、誰もが経験あるだろう円盤裏側への面倒な電線の巻き落ちを防ぐ専用リング金具や、雨中でも安心のコンセント防雨キャップ、電線の溶解・焼損事故を防ぐ自動復帰型温度センサー(DSBE型のみ)が付くなど、ユーザーの使い勝手をとことんまで追求した嬉しい機能が満載だ。
 標準タイプの『DSS-30』と『DSG-30K(接地付)』、漏電遮断器付タイプ(2P/2P接地・兼用防雨型コンセント付)の『DBE-30K』と『DSBE-30KC(温度センサー付)』の全4タイプが用意されている。価格は全てオープン価格だ。
 本製品に関する詳しい問い合わせなどは同社顧客サービスデスク▽0120(686)888(通話無料)、または同社ホームページ▽http://www.hataya.jpにアクセスを。